Counter

あなたは0140479人目の訪問者

滋賀がん・生殖医療ネットワークの概要

OncoFertility Network
みんなのハートで未来の扉を開こう

がん患者さんの妊孕性温存治療は、一般に患者さん、がん診療従事者、妊孕性温存施設の生殖医療者の三者が協力して行われますが、滋賀がん・生殖医療ネットワークでは、この三者を効率的に結びつけるため、呼びかけ施設とがん妊孕支援科を設置しネットワークの運営にあたります。(表1)

OncoFertility Network image

呼びかけ施設

滋賀がん・生殖医療ネットワークの呼びかけ施設は、滋賀医科大学産科学婦人科学講座および滋賀医科大学内の有志です。呼びかけ施設は、ネットワーク構築と運営を中心的に担う施設であり、ネットワーク構築の際には、がん妊孕支援施設、妊孕性温存施設の登録を行い、これらの登録施設の一覧表を作成します。また、滋賀がん・生殖医療ネットワーク説明用DVD(がん患者さんの妊孕性に関する基礎知識、がん生殖医療ネットワークについて・患者さんへの対応方法、滋賀の場合 の3部構成の内容を提示)、患者用リーフレット「がん治療と妊よう性について」、「男性患者さんの妊孕性温存のためのアルゴリズム」、「女性患者さんの妊孕性温存のためのアルゴリズム」、登録施設一覧表などの資料を作成し、インターネット上で配信します。これにより患者さん、がん診療従事者、妊孕性温存施設の生殖医療者が作成した資料を自由に使用できるようにします。

がん妊孕支援科

がん妊孕支援科は、呼びかけ施設の要請、又は、自主的な参加意思により滋賀がん・生殖医療ネットワークに登録されます。がん妊孕支援科は、自施設内の医局会や研究会でDVD上映や資料配布などを行い滋賀がん・生殖医療ネットワークに関する情報を提供します。また、実際、がん・生殖医療の必要な患者さんが現れ、原疾患治療の診療科から要請があった場合は、協議・相談し、患者さんのリスクを評価し情報提供を行います。

妊孕性温存施設

妊孕性温存施設は、呼びかけ施設の要請、または、自主的な参加意思により滋賀がん・生殖医療ネットワークに登録されます。登録されると施設名とともにその施設で可能な診療内容も一覧表に掲示されます。妊孕性温存施設では、患者さんへの具体的な方法やそのリスクなどの情報提供と適応の有無につき判断し、必要に応じ妊孕性温存治療を行います。

がん診療従事者

がん診療従事者は、医師のみではなく、がん治療に関わるすべての医療従事者をさします。米国臨床がん学会(ASCO)ガイドライン2013にもあるように、がん治療に関わるすべての医療従事者にご利用いただきたいと考えています。入会、登録等の手続きは不要で、ネットワークの資料・システムを自由にご利用いただけます。

患者さん

患者さんも、入会、登録の手続きは不要です。ご自由に滋賀がん・生殖医療ネットワークの資料をダウンロードし、システムを使用していただけます。

がん患者さんは、これらの資料を利用して、ご自身、がん診療従事者と伴に、あるいはがん妊孕支援科医師などと伴に、不妊リスクを評価し、必要に応じ妊孕性温存施設を受診することとなります。そして妊孕性温存施設で必要な処置がなされた後、がん診療従事者のもとに戻りがん治療を開始、または再開するという流れになります。

Copyright © 2015